【受賞】パリ、ソムリエによる日本酒コンク「Kura Master2020」で、弊社「辛口 純米吟醸 雑賀」が金賞を受賞しました。

2020年09月14日

「Kura Master2020」純米酒部門で金賞を受賞した、「辛口 純米吟醸 雑賀」

今年もパリ、ソムリエによる日本酒コンクール「kura Master2020」にて、純米酒部門で弊社「辛口 純米吟醸 雑賀」が金賞を受賞しました!

なにより嬉しかったのは、精魂込めてお酒を醸した作り手たちの汗が、このコロナ禍の中でもご評価いただけたことです。
コンクール自体が中止や延期相次ぎ、外食業の苦しい日々が続く中、作り手の悔しさ、虚しさは想像以上だったと思います。ほんとに嬉しいニュースでした。

今年は春先の「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で、弊社「山田錦 純米大吟醸 雑賀」「辛口 純米吟醸 雑賀」が金賞をいただいて以来、3つ目の金賞となります。

ちなみに、「Kura Master」は、2018年の初出品で、弊社の「山田錦 純米大吟醸 雑賀」がプラチナ賞&審査員特別賞等をいただいて以来、毎年、なにかしら金賞をいただいています。

 

【雑誌】『CREA(クレア)』9・10月合併号(文芸春秋社)にて、「お手間とらせ酢」掲載いただきました。

2020年08月31日

文芸春秋社『CREA(クレア)』9・10月合併号

ただいま発売中の、文芸春秋社のライフスタイル誌『CREA(クレア)』9・10月合併号、特集は「日本全国からおいしいものが届く 日々のごはんのお取り寄せ。」。その中、調味料のおすすめページ「日常で使うものだから、調味料にはこだわりたい」の「酢・ぽん酢しょうゆ」にて、弊社「お手間とらせ酢」を紹介してくださいました。

全国津々浦々の食材やグルメ、調味料、スイーツにいたるまで、多彩な分野で活躍する48人の食通の方々が教える、とっておきのお取り寄せを集めた大特集。

その中、調味料のおすすめページ「日常で使うものだから、調味料にはこだわりたい」の「酢・ぽん酢しょうゆ」にて、弊社「お手間とらせ酢」が紹介されています。

推薦してくださったのは、関西の老舗グルメ雑誌『あまから手帖』編集長の中本由美子さんと、ナチュラルでおいしい食情報を発信されているコラムニストの松浦裕香里さん。

中本さんは「酢のものからドレッシングまでOK」、松浦さんは「だしと酢のフュージョンがすばらしい」とコメントをくださいました。

また、松浦さんは、ご自身の常備品としても「お手間」を愛用くださっており、「酢が大好きでいろいろ集めていますが、もう何年も手放せないのが「お手間とらせ酢」。マリネに使ったり、ドレッシングに使ったり、出汁と酢のフュージョンが素晴らしい万能調味酢です」とプロフィール欄にも書いてくださっていて、とてもうれしく拝読いたしました。

(文芸春秋社 2020年9・10月合併号)

 

【日本酒】秋限定のお酒「雄町 純米吟醸 ひやおろし」、9月1日発売です。

2020年08月31日

雄町 純米吟醸 雑賀 ひやおろし 1800mlと720ml

秋風と虫の声が届くころ、季節限定の「雄町 純米吟醸 雑賀 ひやおろし」、今年も9月1日から出荷が始まります。

夏を越し、味わい深くなったころに出荷する弊社の「ひやおろし」。雄町米を使用した純米吟醸は、ふくよかな味わい深さが、実りの秋の食卓に最適です。

 「雄町(おまち)」といえば岡山県の特産酒米。100年以上も前に発見されて幻の酒米といわれる、山田錦と並ぶ優れた酒造好適米です。明治41年に岡山県の奨励品種となり、多くの杜氏、日本酒好きの雄町ファンを虜にしている酒米です。秋深まるこれからが「雄町のひやおろし」の出番です。

朝夕ずいぶんと涼しくなり、虫の声と澄んだ月を愛でながらの秋の夜長。山海の実り豊かな味わいとともにゆっくりと楽しむ食卓にぴったりの仕上がりです。

※昨年は、フランスのソムリエが選ぶ日本酒コンクール「Kura Master2019」純米酒部門で、プラチナ賞を受賞しました。

 

「雄町 純米吟醸 雑賀 ひやおろし」

1.8L    3,000円(税別)  720ml  1,500円(税別)

アルコール度数:16度

日本酒度:   0

酸度:        1.6

アミノ酸度: 1.5

原材料: 米・米麹

使用米: 麹米:雄町

               掛米:雄町

精米歩合: 麹米:55%  掛米:55%

 

このページのトップへ