【感謝状】高濃度エタノール寄贈で、地元 那賀消防組合 西岡消防長より感謝状をいただきました。

2020年07月02日

那賀消防組合 西岡消防長(右端)と高濃度エタノール製造を手掛けたスタッフらと

お酢とお酒を醸す蔵元ですが、コロナ禍でできることをと作りはじめた消毒用の「高濃度エタノール65%」。コロナがなかなか終息しないので「新しい生活様式」続行中。欠かせないのがこまめな「消毒」です。ひどい品薄状態から製造許可が緩和され、蔵元でもきちんと申請をし、安全対策をすればつくれるようになり、弊蔵でもできるだけ早くと着手し、6月に入ってすぐに出荷が始まりました。

製造前は、高濃度アルコールの扱いに不可欠な安全対策について、地元の那賀消防組合に何度も出向き、また来ていただいて、丁寧に教えていただきました。

製品が完成してすぐ、救急やさまざまな現場の最前線で救助にあたってくださる消防の皆さんに、御礼とともにわずかながらもお届けしました。すると、今日、感謝状を届けに西岡消防長ほか組合本部の方々が来てくださいました。

西岡消防長より感謝状を受ける社長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酢やお酒が喜ばれるのはもちろん嬉しいけど、また違った安心をお届けできること、しみじみ作って良かったと思いました。

「九重雜賀 高濃度エタノール65%」

 

【コロナに想う】人集う和歌山の食文化にはぐくまれた「九重の酢」の味

2020年06月01日

人、集うところに「寿司」はあります。

「お寿司の発祥の地」といわれ、一世帯当たりの食酢消費量が
全国トップクラスの和歌山県。

県内の津々浦々には数多くの祭事があり、
その数ほどに、特色豊かな寿司の味が受け継がれています。

弊社は、そんな「お酢好き」な県民の皆様にご愛顧いただき、
和歌山、そして日本が世界に誇る食酢文化とともに
百有余年、歩んでまいりました。

私たちが醸すのは「赤酢」です。

その原材料である酒粕の元となる「日本酒」から一貫して醸す、
日本でも大変めずらしい蔵元です。

今、私たちはとてつもない危機感を抱いています。

新型コロナ感染の影響から、集うことを避け、
伝統の行事も軒並み中止せざるをえないと伝えられているからです。

人が集う営みが途絶えることは、同時に
地域に受け継がれる「寿司」の文化もまた途絶えることを意味します。

絶やしてはなりません。

ハレの日もケの日も、
人と人をつないできた土地の味、家庭の味「寿司」。

お寿司を囲んで集える日常の幸せを取り戻すべく、
私たちは作り続けます。

 

***************************

和歌山県の応援サイト「おうちで和歌山」

私たちも「わかやま産品の魅力」に参加しています。

 

 

【蔵】『あまから手帖』3月号、巻頭グラビア連載「わが家の食卓」に載りました!

2020年03月05日

関西を代表する老舗のグルメ雑誌といえば、

『あまから手帖』(クリエテ関西刊)です。

その3月号の巻頭を飾るグラビア連載

「わが家の食卓」vol.3に、

家族そろって載せてくださいました!

ちょっと気恥しいのですが、とても嬉しい掲載です。初グラビア体験!こんなに貴重な記念写真になるなら、娘に着物を着せてやりたかった~とはいえ、そんな気持ちの余裕はありませんでしたが💦

3月号とあって、食卓のテーマは「ひなまつり」。わが家にはちょうど5歳の一人娘がいることから、用意したお料理は“子供も喜ぶ気楽な祝い膳”、といった感じでしょうか。

用意したのは、以下。

・母から受け継ぐ「ちらし寿司」柚子風味  /「柚子 寿司召し酢」

・鶏もも肉の甘酢煮  /「万能で酢。」(甘酢)

・しめ鯖  /「お手間とらせ酢」万能調味酢(だし酢)

・太刀魚の南蛮漬け  /「万能で酢。」(甘酢)

・菜の花の酢味噌和え  /「吟醸赤酢」

・卵豆腐のお吸い物  /「お手間とらせ酢」につかう一番だし

・和風ピクルス  /「吟醸赤酢」

・甘酢生姜  /「万能で酢。」(甘酢)

・イチゴ酢のイチゴミルク  /「吟醸赤酢」

とにもかくにも、「す(酢)ー屋」の娘のひなまつり。お料理は、やはりお酢料理ばかりが並びます(苦笑)。

飲み物は、娘には年中作り置きしている、季節の地元産のイチゴを漬け込んだドリンクビネガーで「イチゴミルク」、大人には、蔵の定番、お寿司や酢の物などにぴったりな日本酒「辛口純米吟醸 雑賀」とともに並べます。

ページを担当する中本由美子編集長と、文章を担当してくださったのは、うちの蔵の数々の苦難も喜びもいつも見守り応援をくださるフードジャーナリストの藤田千恵子さん、Rinaカメラマンとともに来てくださいました。

(クリエテ関西 2020年3月発刊)

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ