新年に寄せて - 「軌 跡」

2019年01月02日

_MG_6427☆

日本で唯一大木桶を製作されている藤井製桶所様が2020年に木桶の製作から引退を表明。木桶は、弊社の「赤酢」を醸すのには、なくてはならない容器。弊社が厳しく、15年に2度の移転をくりかえさないといけない時期も弊社の「赤酢」の品質を守ってくれた宝物です。

昨年、小職が社長になってはじめて2本木桶を藤井製桶所様で製作して頂きました。
木桶の裏面には、小職、食品製造部、桶師の上芝氏そして4歳の娘れいの手形が。次、この木桶の裏面が見られるのは、木桶が解体される100年後、小職はもちろん娘、れいも見ることはないと思います。

和歌山そして日本の食酢文化と共に百有余年。1908年から続く九重雜賀の未来へ、和歌山のそして日本の食酢文化への未来へ、そして社長として父として、娘れいへの未来への贈り物、それが大木桶「軌跡」です。

この気持ちを忘れずに受け継いでいきます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

_MG_6385☆

 

新年あけましておめでとうございます。

2019年01月02日

 

2018年に受賞した弊社日本酒、リキュール、食酢商品

2018年に受賞した弊社日本酒、リキュール、食酢商品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                昨年は、日本酒「山田錦 純米大吟醸 雑賀」がパリで開催された日本酒コンクールKura Master2018でプラチナ賞及び審査員特別賞(純米大吟醸&純米吟醸部門で第一位)、リキュール「雑賀柚酒」がロンドンで開催されたロンドン酒チャレンジ2018でプラチナ賞、また「雑賀 万能調味酢(だし酢)お手間とらせ酢」が調味料選手権2018で最優秀賞を受賞致しました。

弊社日本酒・リキュール・食品各部門が国内外で最高賞を受賞することが出来ました。
これはひとえに、皆さまのご愛顧の賜です。いつも応援して頂き、本当に有難うございます。
本年は昨年の受賞に恥じないよう、更に進化し続けます。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

【日本酒】【受賞】パリ、日本酒コンク「Kura Master」授賞式にて、純米大吟醸&純米吟醸部門で1位、審査員特別賞を受賞いたしました! 

2018年07月28日

 

7月3日パリ、日本文化会館での「Kura Master」授賞式にて。

7月3日パリ、日本文化会館での「Kura Master」授賞式にて。

 

この6月、フランス、パリで開かれた「第2回 日本酒コンクール Kura Master」で、

純米大吟醸酒&純米吟醸部門で、弊社の「山田錦 純米大吟醸 雑賀」がプラチナ賞、「山田錦 純米吟醸 雑賀」が、金賞を受賞したことを受け、7月3日、パリの日本文化会館にて、表彰式が行われました。

同コンクールは、フランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒のコンクール。審査員は、フランス人のソムリエ、レストラン関係者、ホテル・料理学校関係者などのプロフェッショナルな方々。

表彰式に招待されたのは、日本及び世界から出品された642銘柄から選ばれたトップ12。

表彰式では、さらなる審査でプレジデント賞1本、審査員特別賞3本(各部門の1位)が発表され、弊社の「山田錦 純米大吟醸 雑賀」は、純米大吟醸&純米吟醸部門でトップ、総合で2位にあたる審査員特別賞を受賞いたしました。

 

授賞式が行われた会場、パリの日本文化会館

授賞式が行われた会場、パリの日本文化会館

授賞式会場では授賞した日本酒の試飲会も行われ、チーズとの相性など楽しむ趣向も。多くの地元メディアや日本酒に関心のある方であふれかえっていました

授賞式会場では授賞した日本酒の試飲会も行われ、チーズとの相性など楽しむ趣向も。多くの地元メディアや日本酒に関心のある方であふれかえっていました

純米大吟醸&純米吟醸部門でのブラチナ賞、および審査員賞と、2枚の賞状をいただきました

純米大吟醸&純米吟醸部門でのブラチナ賞、および審査員賞と、2枚の賞状をいただきました

プレジデント賞1銘柄、審査員賞3銘柄の蔵元との記念写真(弊社は左から2人目)

プレジデント賞1銘柄、審査員賞3銘柄の蔵元との記念写真(弊社は左から2人目)

授賞式に出席した、トップ12に蔵元たちとの記念写真。(弊社は前列右端)

授賞式に出席した、トップ12に蔵元たちとの記念写真。(弊社は前列右端)

純米大吟醸&純米吟醸部門で1位、審査員特別賞を受賞した「山田錦、純米大吟醸 雑賀」

純米大吟醸&純米吟醸部門で1位、審査員特別賞を受賞した「山田錦、純米大吟醸 雑賀」

 

詳細につきましては、下記公式サイトの動画をご確認頂けましたら幸いです。

 

Kura Master 公式サイト

 

 

 

 

 

このページのトップへ