【蔵】『あまから手帖』3月号、巻頭グラビア連載「わが家の食卓」に載りました!

2020年03月05日

関西を代表する老舗のグルメ雑誌といえば、

『あまから手帖』(クリエテ関西刊)です。

その3月号の巻頭を飾るグラビア連載

「わが家の食卓」vol.3に、

家族そろって載せてくださいました!

ちょっと気恥しいのですが、とても嬉しい掲載です。初グラビア体験!こんなに貴重な記念写真になるなら、娘に着物を着せてやりたかった~とはいえ、そんな気持ちの余裕はありませんでしたが💦

3月号とあって、食卓のテーマは「ひなまつり」。わが家にはちょうど5歳の一人娘がいることから、用意したお料理は“子供も喜ぶ気楽な祝い膳”、といった感じでしょうか。

用意したのは、以下。

・母から受け継ぐ「ちらし寿司」柚子風味  /「柚子 寿司召し酢」

・鶏もも肉の甘酢煮  /「万能で酢。」(甘酢)

・しめ鯖  /「お手間とらせ酢」万能調味酢(だし酢)

・太刀魚の南蛮漬け  /「万能で酢。」(甘酢)

・菜の花の酢味噌和え  /「吟醸赤酢」

・卵豆腐のお吸い物  /「お手間とらせ酢」につかう一番だし

・和風ピクルス  /「吟醸赤酢」

・甘酢生姜  /「万能で酢。」(甘酢)

・イチゴ酢のイチゴミルク  /「吟醸赤酢」

とにもかくにも、「す(酢)ー屋」の娘のひなまつり。お料理は、やはりお酢料理ばかりが並びます(苦笑)。

飲み物は、娘には年中作り置きしている、季節の地元産のイチゴを漬け込んだドリンクビネガーで「イチゴミルク」、大人には、蔵の定番、お寿司や酢の物などにぴったりな日本酒「辛口純米吟醸 雑賀」とともに並べます。

ページを担当する中本由美子編集長と、文章を担当してくださったのは、うちの蔵の数々の苦難も喜びもいつも見守り応援をくださるフードジャーナリストの藤田千恵子さん、Rinaカメラマンとともに来てくださいました。

(クリエテ関西 2020年3月発刊)

 

 

 

 

 

 

 

【ボクシング】『dancyu』3月号、日本酒特集号に、ボクサーで掲載いただきました!

2020年03月01日

『dancyu(ダンチュー)』(プレジデント社)3月号は、日本酒特集号。

そこに掲載されるということは、

蔵元にとってはこの上ない光栄なことなのですが、

弊蔵社長、雜賀、ボクサーで登場しました!

 

「『dancyu』に載った!」、発売中の3月号を握りしめ、満面の笑みで帰ってきた弊蔵社長、雜賀。「見てくれ!」と、それは嬉しそうに広げたページにはなんと!若き日のプロボクサー時代の写真が。

載せてくださったページは【酒のなんでも日本一(たぶんね)】というコラム。記事の見出しは「日本一強い 蔵元と杜氏」・・・確かに、強いは強い、のかもしれませんが(苦笑)。

「やっと(日本酒特集に)載せてくれたよ~ホッ。でも日本酒で載せてほしかったなあ」とこぼしつつも、とにかく嬉しそうな雜賀でした。

 

2020年2月6日発刊

 

【ボクシング】元プロボクサー藪さん、日本酒仕込みに挑戦

2020年02月11日

【元プロボクサー藪さん、日本酒の仕込みに挑戦】2020月2月2-3日

主人が所属するワタナベジムの後輩で、大学時代は日本拳法、社会人になってからは、プロボクサーとして活躍した、藪 晋伍さんが、2日間、日本酒の仕込みのお手伝いに来てくれました。

元プロボクサーの藪晋伍さん(右)と雜賀

藪さん、プロボクサー時代はスーパーライト級で東日本新人を獲得した猛者。引退後は、飲食店で修業をしながら、将来は薬膳インド料理と日本酒のお店の開店にむけ、頑張っておられます。
また、TVのCSフジで、スパイスと日本酒のペアリングの番組を担当されているのだそう。

酒蔵での本格的な仕込み体験は初めてとのこと。2日間にわたり、洗米作業、甑作業、室での作業、櫂入れなど、次々と作業を体験。とにかく、真摯に一所懸命に向き合う眼差しが印象的で、作業に向かうその集中力と観察力はすばらしかった!です。

もともと、日本酒の知識も豊富にもたれていましたが、弊社の日本酒製造責任者の児玉くん、そして山岨くんに、いろいろと質問もし、指導を身を乗り出して受けたあとは、しばらくすると、まるで前から酒造りに携わる蔵人のような存在感で造りに従事してくれました。

藪さんと一緒に仕込んだ「山田錦 純米大吟醸 雑賀」は、さらなるキレとパンチが効いているのは、間違いなし?!(笑)

そして、来年も弊社の日本酒の造りのお手伝いをしてくださるとのこと!お酒造りの腕もさらに磨いてくださることと期待しつつ、楽しみにお待ちしています!

(弊社の日本酒製造部スタッフとともに)

(なぜか、ボクサーはお約束のポーズをしてしまうようです(笑)

 

このページのトップへ