【蔵】『あまから手帖』3月号、巻頭グラビア連載「わが家の食卓」に載りました!

2020年03月05日


関西を代表する老舗のグルメ雑誌といえば、

『あまから手帖』(クリエテ関西刊)です。

その3月号の巻頭を飾るグラビア連載

「わが家の食卓」vol.3に、

家族そろって載せてくださいました!

ちょっと気恥しいのですが、とても嬉しい掲載です。初グラビア体験!こんなに貴重な記念写真になるなら、娘に着物を着せてやりたかった~とはいえ、そんな気持ちの余裕はありませんでしたが💦

3月号とあって、食卓のテーマは「ひなまつり」。わが家にはちょうど5歳の一人娘がいることから、用意したお料理は“子供も喜ぶ気楽な祝い膳”、といった感じでしょうか。

用意したのは、以下。

・母から受け継ぐ「ちらし寿司」柚子風味  /「柚子 寿司召し酢」

・鶏もも肉の甘酢煮  /「万能で酢。」(甘酢)

・しめ鯖  /「お手間とらせ酢」万能調味酢(だし酢)

・太刀魚の南蛮漬け  /「万能で酢。」(甘酢)

・菜の花の酢味噌和え  /「吟醸赤酢」

・卵豆腐のお吸い物  /「お手間とらせ酢」につかう一番だし

・和風ピクルス  /「吟醸赤酢」

・甘酢生姜  /「万能で酢。」(甘酢)

・イチゴ酢のイチゴミルク  /「吟醸赤酢」

とにもかくにも、「す(酢)ー屋」の娘のひなまつり。お料理は、やはりお酢料理ばかりが並びます(苦笑)。

飲み物は、娘には年中作り置きしている、季節の地元産のイチゴを漬け込んだドリンクビネガーで「イチゴミルク」、大人には、蔵の定番、お寿司や酢の物などにぴったりな日本酒「辛口純米吟醸 雑賀」とともに並べます。

ページを担当する中本由美子編集長と、文章を担当してくださったのは、うちの蔵の数々の苦難も喜びもいつも見守り応援をくださるフードジャーナリストの藤田千恵子さん、Rinaカメラマンとともに来てくださいました。

(クリエテ関西 2020年3月発刊)

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ