【ボクシング】元プロボクサー藪さん、日本酒仕込みに挑戦

2020年02月11日


【元プロボクサー藪さん、日本酒の仕込みに挑戦】2020月2月2-3日

主人が所属するワタナベジムの後輩で、大学時代は日本拳法、社会人になってからは、プロボクサーとして活躍した、藪 晋伍さんが、2日間、日本酒の仕込みのお手伝いに来てくれました。

元プロボクサーの藪晋伍さん(右)と雜賀

藪さん、プロボクサー時代はスーパーライト級で東日本新人を獲得した猛者。引退後は、飲食店で修業をしながら、将来は薬膳インド料理と日本酒のお店の開店にむけ、頑張っておられます。
また、TVのCSフジで、スパイスと日本酒のペアリングの番組を担当されているのだそう。

酒蔵での本格的な仕込み体験は初めてとのこと。2日間にわたり、洗米作業、甑作業、室での作業、櫂入れなど、次々と作業を体験。とにかく、真摯に一所懸命に向き合う眼差しが印象的で、作業に向かうその集中力と観察力はすばらしかった!です。

もともと、日本酒の知識も豊富にもたれていましたが、弊社の日本酒製造責任者の児玉くん、そして山岨くんに、いろいろと質問もし、指導を身を乗り出して受けたあとは、しばらくすると、まるで前から酒造りに携わる蔵人のような存在感で造りに従事してくれました。

藪さんと一緒に仕込んだ「山田錦 純米大吟醸 雑賀」は、さらなるキレとパンチが効いているのは、間違いなし?!(笑)

そして、来年も弊社の日本酒の造りのお手伝いをしてくださるとのこと!お酒造りの腕もさらに磨いてくださることと期待しつつ、楽しみにお待ちしています!

(弊社の日本酒製造部スタッフとともに)

(なぜか、ボクサーはお約束のポーズをしてしまうようです(笑)

このページのトップへ