2018年11月15日


【娘、初めてのボクシング観戦は「佐々木左之介」】

2018年11月3日 後楽園ホール

主人の聖地といえばここ、後楽園ホール。本日、家族でボクシング観戦に行ってきました。娘が生まれる前、妊娠中にも連れていかれましたが、この日、4歳になった娘を初めて連れて聖地へ。

応援するのは、主人もお世話になっているワタナベジム所属、元日本ミドル級チャンピオン「佐々木左之介」。チャンピン復活を目指した日本ミドル級タイトルマッチで、左之介さんは主人の後輩です。


パーファクトレコードの現チャンピオン竹迫選手に果敢に挑みましたが、結果はKO負けでしたが、すごく内容の濃い素敵な試合でした。

主人と結婚してから何度か後楽園ホールに行きましたが、毎回わくわくするのが、選手を支えているファンも、家族も、地域ぐるみなどなど、小さな子供からお年寄りまでがまるで村祭りのように力いっぱい応援する、熱い空気!

大声援の中、目を丸くしている娘と一緒に観戦してくださったのが、ワタナベジム会長の奥様、渡辺宏子さん。会長夫妻は私たちの結婚式にも来てくださり、今でも家族のように主人を支えてくださっています。

初めてみる、聞く、大音響のボクシング会場にびっくりする娘れいに、やさしく声をかけてくださり、ずっとさすってくださったので、れいも気がほぐれて「左之介はどっち?赤色?青色?」。声援をおくる興奮する主人に「とおと、うるさ~い!」(笑)

ワタナベジム会長の奥様、宏子さんと娘れい。

主人は、36年間もワタナベジムに在籍し、「明治大学ワタナベボクシング部ジュニアライト級卒業」と、経歴を話すくらい、ボクシングそしてワタナベジムが好き。主人の数少ない、心の帰れる「居場所」なのです。

渡辺会長、宏子さん、ぜひまた和歌山に遊びに来てくださいね。

そして!なんと来年、佐々木左之介さんが、弊社に酒造りに来てくれる⁈ そうです!

このページのトップへ