【ボクシング】ワタナベジムOB会

2019年04月20日


【ワタナベジムOB会2019】

写真は(後列左から)平戸さん、津村さん、飯田トレーナー、矢田部さん、主人、 佐々トレーナー、(平戸さんの右)髙橋トレーナー、(飯田さんの右) 吉田さん、(前列右の3人)荒井さん、渡辺さん、斎藤さん(2019年4月 東京)

 

主人はいつも胸をはって、自分の経歴を「明治大学中野高校バスケットボール部出身、明治大学ワタナベボクシング部ジュニアライト級卒業」と話していますが、彼がOB会等、昔の集まりに参加するのは、この二つだけです。先日、ワタナベジムの有志によるOB会に、喜んででかけました。

以下、主人談。

顔ぶれは、飯田トレーナー、佐々トレーナー、髙橋トレーナー、元ミドル級日本ランカー荒井さん、元ライト級日本ランカーの飯田君、元フェザー級日本ランカーの平戸君、元ライトフライ級日本ランカー吉田君、日本ジュニアウエルター級の矢田部さん、元フェザー級の渡辺君、元ジュニアフェザー級の津村君、斎藤君と俺。

飯田君とはプロデビューの時期と階級が近かったので、よくスパーリング(ヘッドギアを着用し、少し大きなグローブで本気で打ち合う練習)をしたんだ。一生涯で一番、本気で殴り合ったのが飯田君。飯田君は日本タイトル戦をまじかに、怪我で引退。引退してからも、よく俺の試合に応援に来てくれたんだよな。

「あんなに本気で殴りあったのに」。本当に仲の良い二人のようです。

主人、「それにしてもみんな、写真に笑顔で写れるようになったんだなあ。現役時代は、みんな怖い顔をして写真に写っていたのに(笑)」

大人になったのか、年を重ねたのか、ようやく普通の大人になりましたね!

このページのトップへ