スタッフ紹介

スタッフ紹介

社長 雜賀 俊光

「より良い酸を食卓へ」と「主原材料からの一貫造り」をテーマに食酢・日本酒・梅酒を全社員一丸となり醸しております。

会長 雜賀 正雄

100年余の伝統と味を守り、 地道にこれからも醸し出してまいります。

専務 雜賀 信行

食品の安全、安心を念頭に、買っていただいた方が満足される商品を、お客様の視点から考えて提供したいといつも思っています。

営業部長 福本 完志

酢の営業をしています。和歌山の酢といえば「ココノヱ酢」。知っていただきたいと、北は大阪、南は新宮市・十津川村まで一本でも多く持って走っています。

営業部 嶋 弘治

一本一本、真心込めて丁寧に。配送を担当しております。

管理部長 吉村 和九

蔵の製品全般を管理しています。

食品製造部長 福本 貢

四季を通じて料理に合う食酢を真心込めて造っています。

食品製造部 浦谷 誠

お客様にいつまでも愛されるお酢を目指して、日々製造に奮闘しています。

食品製造部 中森 康人

とりあえず、がんばるのみ!

酒類製造部 杜氏 今田義男

但馬杜氏の心技による、新たな感動の日本酒造りに努力しております。

酒類製造部 児玉 芳季

人の心に記憶される酒を造りたい。「おいしい」と感じた飲みものが、「日本酒」であってほしい。

酒類製造部 上田 智也

「雑賀梅酒」をつくっています。みんな「笑顔」になるような、そんな梅酒をこれからも醸したい。子供に自慢できるものづくり、続けていきたいです。

湯川 薫

全商品、瓶詰めの際の検品、商品の出荷などを担当しています。何ごとにも一所懸命に取り組んでいます。

雜賀 洋子

うちで生まれた調味料が、全国のお客様のご家庭でどんなお料理になるのかな。思っただけでもうれしくなってきます。

雜賀 桂

長年、熊野の森を歩き回り、やっとお嫁入り。そこには酢酸菌と麹菌がおりなす日本伝統の醗酵食の世界が広がっていました。洋子お母さんに弟子入りし、蔵の味を猛特訓中。

このページのトップへ