【梅酒】フランスのコンクールで、梅酒で唯一ゴールドメダル受賞!「コンクール・インターナショナル・リヨン2018」

2018年04月27日

 

「第8回コンクール・インターナショナル・リヨン」リキュール・スピリッツ部門:ゴールドメダル受賞

「第8回コンクール・インターナショナル・リヨン」リキュール・スピリッツ部門:ゴールドメダル受賞

授賞した「雑賀梅酒」1800ml

授賞した「雑賀梅酒」1800ml

弊社の日本酒仕込みの本格梅酒「雑賀梅酒」がこの度、フランスのリヨンで開催されました 「第8回コンクール・インターナショナル・リヨン」のリキュール・スピリッツ部門で、梅酒で唯一ゴールドメダルを受賞致しましたので、ご報告させて頂きます。

 

同コンクールは、美食の街リヨンを代表する著名なフランス料理のシェフの協会である「レ・トッケ・ブランシェ」と「リヨン・ソムリエ協会」が後援し、これらのメンバーが各テーブル(4~5名の審査員)のリーダーとして審査を行うもの。フランスワインコンクールの監督局の規定に伴い、部門ごとに33%までの入賞(金賞と銀賞)を認めています。 ※同コンクールのエントリー資料より。

https://www.concourslyon.com/resultats-spiritueux-2018.htm

30を超す国々からワインを主に、6000本を超えるお酒がエントリー。弊社が受賞したスピリッツ・リキュール部門は、164本の中から受賞54本が入賞(金賞32点、銀賞22点)しました。

これからも皆さまのご期待にお応え出来るよう、精進してまいります。今後とも、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

 

株式会社九重雜賀

授賞した「雑賀梅酒」 720ml

 

【梅酒蔵】一足早い梅酒の仕込み!?

2013年03月12日

先日 【梅酒用】の日本酒をローリーで自ら運び、

本日 梅酒の仕込みを行いました。

 

 

 

そう!

「梅の産地:和歌山では、

  こんなに早く梅の実が収穫できる!」

  ↑というわけではございません。

 

 

うちの梅酒の仕込みには、一度冷凍した梅の実を使用しているからです。

冷凍しているのは、エキスをより出やすくするための手段の一つであり、

「雑賀梅酒」を造るうえでは欠かせない工程です。

 

 

ということで、本日行ったのは、

梅の実の収穫時期には一足早い 梅酒の仕込みでした。

 

 

 

(梅酒担当:上田)

 

【梅酒蔵】 陸平さんの梅の花、満開!

2013年03月09日

雑賀梅酒の梅を育ててくれている、親戚の藪下陸平さんの梅畑。 もうすぐ散ってしまうよ、と聞き、急ぎお山をのぼります。

途中、満開のヤブツバキが迎えてくれました。 懐かしい!紀南出身の私には慣れ親しんだ、海沿い熊野古道大辺路のシンボルの花。 ツヤツヤに輝く濃厚な緑葉にたくさんのローソクが灯るように咲く、真紅と黄色の花に今春も会えた。紀の川にいても黒潮の風が感じられるようでうれしくなりました。

 

 

するとその奥に、春霞がかかったように、真っ白な梅畑が浮かび上がって見えました。

 うわあ、満開!足を速めるといちめん甘酸っぱい梅の香りが押し寄せ、鼻も喉も、胸いっぱいに。気付けば、花いちめんのトンネルの中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花霞の合間から、眼下には紀の川が見えました。 ポカポカな陽気、美味しい風、新緑の若草の上に腰をおろして、つかの間、ぼんやりとした春に浸ります。

 

このページのトップへ