【日本酒】雄町サミット2012で「雄町 純米吟醸 雑賀」が優等賞!

2012年10月26日


雄町米の9割を生産するのが本場、岡山県。

岡山県酒造組合、岡山県酒造好適米協会、JA全農おかやまが主催し毎年開催されているのが「雄町サミット」です。日本全国の酒蔵から、雄町米を使い醸した逸品が集結します。

「雄町(おまち)」といえば岡山県の特産酒米で、100年以上も前に発見され幻の酒米といわれる山田錦と並ぶ優れた酒造好適米。明治41年に岡山県の奨励品種となり、多くの杜氏、日本酒好きの雄町ファンを虜にしている酒米です。

今年、「第4回 雄町サミット」にて、 雑賀蔵の「雄町 純米吟醸 雑賀」が吟醸酒部門で優等賞いただきました。秋深まるこれから、「雄町のひやおろし」が出始めます。

夏を越して熟成された雄町の純米吟醸。ちょっと肌寒くなり、山海の実り豊かな食卓にぴったりの、まったりとしたお酒に仕上がっております。

このページのトップへ