秋の新生姜を甘酢漬けに。陸平さんの収穫作業

2011年10月19日


新生姜の季節といえば、春から初夏にかけてと思いこんでいたら、陸平さんから「秋の生姜を掘るよ」と声をかけてもらいました。
ちょうど、息子さんの直樹さんが、山田錦の稲刈りをするちょうど同じ日に、そばの畑で生姜も収穫をするのだそう。

稲刈りをしているところから少し離れた、3畝ほどのちいさな生姜畑。ぎっしり茎が生えています。陸平さんは、その茎をもって、スッポン、スッポンと抜いていきます。すると、根っこには立派な生姜がぎっしり大きく育っていました。

肥えた土はやわらかくてミミズもいっぱい。ひっぱると、気持ちいいほど簡単に抜けます。

春の生姜はみずみずしくて、甘酢に漬けて「はじかみ生姜」にするのだけれど、秋の生姜は土生姜で、一般に保存用にされるそう。
 

洋子ママは、春の生姜同様、筋っぽいところは除いて、これも丸ごと甘酢につけます。それを大きめにざっくり切って、食卓に出されます。

堅くなく、しゃりしゃりとおいしい食感と味わい、そして寒い冬でも身体を中から温めてくれます。

茎を切り、生姜の部分だけをコンテナにいくつも掘り出したら、これからが大変な作業が待っていました。ぐねぐねと入り組んだ隅っこまで、しっかり泥を落とさねばなりません。
さらに、皮をむいてから漬け込むのですが、1日がかりで母と床にすわりこんでの作業。包丁で皮をこそぎ落としていると、手が熱くポッポッとしてきます。

このページのトップへ