【クラウドファンディング】本日10月17日(水)からスタートしました。「大木桶仕込みの無二の味」を受け継ぐため、ご支援をお願いします!

2018年10月15日


九重雜賀のクラウドファンディングが、本日10月17日(水)午前11時からスタートしました!とにかく、まずはページを開いてみてください!私たちの蔵の「過去」から「未来」に受け継ぐ、ものづくりにかける想いをページに詰め込みました。ぜひ読んでいただきたいのです。

マクアケのページはこちらから。「マクアケ 大木桶」で検索もOK。

プロフェクトページへのアクセスはこちらから。

https://www.makuake.com/project/kokonoesaika/

 

※クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。

 

WS000025WS000028
WS000018

 

アートボード 1

WS000023
WS000024

新木桶で初仕込みした赤酢「軌跡」は、原酢です。通常のお酢は酸度を調節するために水が足されていますが、原酢は、醸されたままの赤酢を濾過と火入れ処理だけ行い瓶詰めしています。原酢ならではの深いコクとまろやかさを、ぜひ味わっていただきたいのです。

新木桶で初仕込みした赤酢「軌跡」は、原酢です。通常のお酢は酸度を調節するために水が足されていますが、原酢は、醸されたままの赤酢を濾過と火入れ処理だけ行い瓶詰めしています。原酢ならではの深いコクとまろやかさを、ぜひ味わっていただきたいのです。

新木桶をつくった今年、その底板に願いを込めて署名を入れました。この木桶で初仕込みした赤酢の原酒がリターン商品の「軌跡」です。

新木桶をつくった今年、その底板に願いを込めて署名を入れました。この木桶で初仕込みした赤酢の原酒がリターン商品の「軌跡」です。

西日本最大級といわれる木桶蔵ですが、約100年の寿命をすぎたもの、傷んだものが多いのが現状です。

西日本最大級といわれる木桶蔵ですが、約100年の寿命をすぎたもの、傷んだものが多いのが現状です。

 

新木桶ができたことを記念し、また和歌山、日本の食文化を守ってきた「大木桶仕込みの無二の味」を残していきたいと願いを込めて、寛斎スーパースタジオ様にデザインを依頼しました。

新木桶ができたことを記念し、また和歌山、日本の食文化を守ってきた「大木桶仕込みの無二の味」を残していきたいと願いを込めて、寛斎スーパースタジオ様にデザインを依頼しました。

私たちの蔵は、日本で唯一、日本酒、食酢、梅酒を生業として醸す蔵元です。赤酢の原料は自社で醸した日本酒の酒粕。和歌山産山田錦100%、29%精白の初仕込み限定酒「純米大吟醸 雜賀孫市」は、吟醸香とともにキレのあるフレッシュ感あるきれいなお酒です。

私たちの蔵は、日本で唯一、日本酒、食酢、梅酒を生業として醸す蔵元です。赤酢の原料は自社で醸した日本酒の酒粕。和歌山産山田錦100%、29%精白の初仕込み限定酒「純米大吟醸 雜賀孫市」は、吟醸香とともにキレのあるフレッシュ感あるきれいなお酒です。

 

 

九重雜賀から初めて蔵出しする、古酒コレクションも、今回限定でお出しします。全国新酒鑑評会出品酒「大吟醸 雜賀孫市」20年、19年、18年、17年古酒です。

九重雜賀から初めて蔵出しする、古酒コレクションも、今回限定でお出しします。全国新酒鑑評会出品酒「大吟醸 雜賀孫市」20年、19年、18年、17年古酒です。

 

 

 

このページのトップへ