【食酢】お手頃になったこの時期にぜひ!イチゴのサワードリンク

2018年04月20日


入れるイチゴサワードリンク 酢をIMG_1405

去る4月11日に、衛星放送テレビ、BS-TBS「美しい日本に出会う旅」にてご紹介いただきました弊社の蔵風景と、恥ずかしながら台所でおつくりしたのが「吟醸酢」を使ったイチゴのサワードリンクでした。

全国放送とはすごいもので、その後、思いもよらぬ県外からのお電話や来訪をいただき、聞かれたのが「あのサワードリンクのレシピを教えて!」でした。

 

地元紀の川市ではイチゴ栽培も盛んで、3月半ばから5月ごろまで、産直物産店にいくと果物の棚はキラキラと輝くイチゴので真っ赤。

ジャム用や不揃い、小さかったりと、そのまま食べても美味しいのにお手頃な価格のイチゴがあり、この時とばかりにせっせと購入します。

気温が上がって、イチゴの時期終盤になるとさらに価格も落ちてくるので買わずにはいられません。

 

●作り方

レシピは簡単です。

イチゴ:氷砂糖:お酢 = 1:1:1

お酢が強いと思われる方、甘めがお好きな方は、お酢を3分の2、もしくは2分の1に減らしてみてください。イチゴシロップのようになります。

イチゴはヘタをとって洗い、水気をとります。湯洗いした瓶に、イチゴ、氷砂糖、お酢の順にいれるだけです。

イチゴが多い場合はイチゴ、氷砂糖、イチゴ、氷砂糖にします。

イチゴサワードリンク1

イチゴが多少、液面から出ていても、数時間後には氷砂糖がとけはじめてちゃんと浸かります。イチゴにお酢がかかるよう、ざっくりとまぜておきます。

毎日、瓶底に溜まった氷砂糖が溶けきるよう、底からゆっくりゆすります。

イチゴサワードリンク 酢を入れる2

漬けて3日後から、お召し上がりいただけます。イチゴ酢はすでにきれいな赤色に。

7日ほど経ったら、漬け込んだイチゴを取り出して、イチゴ酢は煮沸した瓶などにいれて保存。

取り出したイチゴも美味しくいただけます。刻んでヨーグルトやアイスに混ぜてもよし、

炊いてジャムにしてもよし。すぐに使わない場合は、冷凍庫で凍らせておきます。

IMG_1363

●お召し上がり方

5倍希釈が目安です。冷たい炭酸水で割るとイチゴソーダ、牛乳で割るととろりとして、イチゴミルクのようになります。

牛乳で割ったイチゴミルクに、刻んだ漬けイチゴをまぜて凍らせた即席アイス、さっぱりしていますが4歳の娘も喜んで食べます。

 

 

このページのトップへ