【食酢】料理家 山脇りこさん新著『いとしの自家製~手がおいしくするもの。』にも「吟醸酢」紹介してくださいました。

2017年07月05日


doc00927220170407160629_002世界&日本の、土地に根ざした味を探すことをライフワークに、醤油、味噌、酢などの蔵をまわる調味料マニアで「自家製マニア」の料理家、山脇りこさん。最新の著書『いとしの自家製 手がおいしくするもの。』(ぴあ)でも、弊社の食酢「吟醸酢」を紹介してくださいました。

りこさんは大人気の料理教室「リコズキッチン」主宰のほか、多数の著書も出され、昆布だしとレシピをまとめた『昆布レシピ95』(JTBパブリッシング)が料理本のアカデミー賞といわれる「グルマン世界料理本大賞2014」でグランプリ受賞されています。

日本伝統の基本の味、「出汁」の文化を継承しようと活動もされ、シンプルな家庭料理の極意を広められている料理家さん。長崎の観光旅館で生まれ育ち、育くまれた味覚とセンスのよさ、なんでもつくる家だったことから「自家製マニア」に。

「自家製ってだけでおいしさ5割増し!」と謳うこの著書、前書きには「添加物なし、材料も自分次第だから、安全・安心なのはもちろんのこと、だからこそ、食べさせたい人の顔が浮かぶ。いつもの料理とは違う、自家製の醍醐味かな」。

自家製の王道の梅酒に梅干し、ゆずごしょう、ラッキョウや新ショウガ漬け、手前味噌、ジャム、あんこなどなど。オイル漬けや調味料やふりかけ、明太子まで、身近にある調味料、缶詰、瓶詰め食材まで手軽に手作りできることを教えてくれます。

この本の巻頭の目次の次に、「私のいとしの調味料」が紹介されています。

「せっかく自家製するのなら、美味しい調味料を使ってほしい」と、りこさんが蔵まで訪れてつくっているところを確かめたものばかり。もちろん、私どもの蔵にも来てくださいましたね。

「吟醸酢」の説明には・・・「酒粕からていねいに、木桶でつくられる旨みたっぷりの赤酢です。赤酢ならではのほんのりした色も特徴。そのまま飲んでもおいしいと感じる、私の基本の酢です。」と。

ほんとにうれしいです。

(2017年3月25日 ぴあ発刊)

doc00927220170407160629_003

 

 

このページのトップへ