蔵に娘が産まれました。「れい」です。

2014年11月27日


2014052009580001

もう数日で師走というのに、ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、今年、蔵に娘が産まれました。

それは新緑のまばゆい5月1日の真昼間に、家族や助産師さんも、びっくりするほどおおきな産声をあげて、元気な娘が産まれました。 やっとやっと授かったこの娘に、主人は「れい」と名付けました。

「0」=「無」。無は天地万物の根幹であるとする老子の言葉、「無為にしてなさざるなし」の「無」。「無」限の可能性がこの子に広がっていることを願い、そして、たくさんの方々の支え、神仏のご加護を得て授かったことへの、御「礼」の気持ちを込めました。

s-DSC_1835帝王切開でしたので、それまで長い間、待ち望んでいたのがうそのように、手術室に入るとあっという間に出てきました。甲高く、それはそれは大きな声で泣いたのです。ようやくこの手にわが子を抱けるのだと、娘が今、そこに存在するのだと、現実が実感となって湧き上がって、涙が出ました。

泣いて、ミルクをたらふく飲んで、途中で眠たくなって、お腹にいたときのように手足をきゅっと縮めて丸まって寝ている姿は、まるでヤマネの冬眠みたいで、ほんとにかわいい。

2014050514340000 母乳はほとんど出ないけど、食いつくように懸命に吸ってくれる。それがどんなに幸せなことか。主人は言います。「甥っ子や姪っ子がどんなにかわいくても、おっぱいを吸ってくれるのは自分の子供だけだぞ」って。s-DSC_1836

里帰り出産でしたから、病院まで近しい仲間たちが次々とお祝いに訪れてくれました。ちょうどゴールデンウイークの中日。山の大先輩で親友のえっちゃんは、私の数年にわたる不妊治療中、いつも支えてくれました。苦労して授かったことを知っているので、主人に会うと思わず主人の手を握って「おめでとう、おめでとう!ほんとに、よかった!」。s-DSC_1916

s-DSC_1891 s-DSC_1897

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この日をずっと待っていた姪っ子のきっこちゃん。「産まれたらすぐに知らせてね!学校休んでとんでいくから!」と言ってくれていたほど、まるで妹のように心待ちにしてくれていました。目を輝かせて病室に入ってきて、れいをのぞき込み、そしてほんとにうれしそうに抱っこしてくれました。「れいはきっこちゃんの子分。よろしくね」と言うと、「うん!いっぱいお散歩して、あいさつも教えて、本も読んであげて、いっぱいれいちゃんと遊ぶんだ 」。 幸せな娘です。s-DSC_1810

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014050805410001

 

 

 

 

 

たくさんの想いに支えられてこの子に出会えた、最高に幸せな新米の父と母になりました。 どうかこれからも変わらずご教授いただけますように。

「れい」です。末永く見守っていてくださいね!

 

 

 

このページのトップへ