【蔵の移転:回想5】7月1日、桃山町の新蔵、初日!

2013年09月04日


伊勢神宮も出雲大社も遷宮を迎えた今年、弊社、九重雑賀も縁起にあやかり引っ越しました。晴天に恵まれた朝8時、昨夜の汗だらけの疲れ切った表情も一転して、晴れやか・・・というより、ほっとした表情のみんなの顔が、朝礼に並びました。

まだまだ新蔵内は、騒然としています。洗瓶機や詰め機などの大きな機材も、設置工事の真っ最中ですから、まだとても瓶詰めできる状態ではありませんが、これからここで、よい水、よい環境に恵まれた新しいこの地で、新しい「ココノヱ酢」や日本酒「雑賀」が生まれてゆくのです。

主人はみんなに話しました。「昨日まではほんとにご苦労さまでした。みなさんのがんばりと、お得意様のお力添えにより、念願の移転をすることができました。これから、さらに進化した食酢、日本酒、新製品を製造して行けるよう、みんなで頑張っていきましょう。まだまだ片付けが残っておりますが、体にだけは注意して、がんばってください!」

私たちの蔵、いよいよ今日2013年7月1日から、新天地で出発です。

 

このページのトップへ