【蔵の移転】桃山町へ、酢の大木桶群の大移動!

2013年06月12日


今まさに、わが家の木桶を乗せたトラックが、新しい蔵となる紀の川市桃山町の町を走っています。台風の心配もありましたが、それてくれて青空が広がっています。

酢蔵といっても、タンクと木桶の2つの蔵があるのですが、県内最多の大木桶をもつわが家の酢蔵。その移動が急ピッチですすんでいます。その移動を担ってくださっているのが、堺市のウッドワークの上芝雄史さん(右)と、弟さんの藤井泰三さん(左)。

ウッドさんは、九重酢の蔵を長い間、現在まで一手にお世話くださっている、全国的にも知られる数少ない桶屋さんです。全国の酒、酢、醤油、味噌、漬け物にいたる日本の伝統的な醸造に欠かせない大型の木桶。その製造と修繕を担っておられます。

今回の移転・・・といっても、弊社にとっては2度目の大がかりな移転ですが、蔵の移転などめったにないことでしょう。それこそ100年ものの木桶もある弊社の酢蔵の移動は、熟練した職人さんでなければ手に負えない代物なのです。

慎重に慎重に、もろくなった部分もある木桶をもちあげ、トラックに運び上げます。

 

木桶を乗せたウッドさんのトラックが、紀の川市に入りました。これから、私たちは紀の川市の蔵になるのです。

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ